アメトーーク!が大人気な理由を調べてみた



スポンサーリンク


今回は、毎週木曜深夜に放送されているバラエティ番組『アメトーーク!』が人気な理由を調査しました!

アメトーーク!は2003年4月からテレビ朝日系列で放送されているトークバラエティ番組です。

メインMCはお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の二人。

一般の視聴者のみならず、テレビ関係者からも絶大な人気を誇る番組として、度々ゴールデンタイムでスペシャル特番も制作されていますね。

そんな、アメトーーク!といえば特定のテーマを愛する芸人を集め、トークを展開するという「くくりトーク」がおなじみです。

しかし放送が始まったばかりの頃は、そういう方向性でいくと決めていたわけでな無かった様です。

放送当初は普通のトーク番組だった?!



megane




当初は芸能人全般をゲストに迎えて雨上がり決死隊の二人とトークを行うという、普通のトーク番組に近いスタイルでした。

くくりトークが始まったのは放送2年目の2004年6月に放送された「メガネ芸人」の回からです。

メガネをかけた芸人だけを集め、メガネにまつわるトークを行うという奇抜なアイディアに視聴者・スタッフが手応えを感じて、番組の方向性が決定しました。

また、このメガネ芸人の回には「メガネを外すのは裸になるのと同じ」「メガネを外すときは顔を隠してもらう」というお約束的なやりとりもあります。

それにしても、このくくりトークがなかったら、アメトーークはこれほど長寿番組になっていなかったでしょうね。

くくりトークのテーマはたくさんある!


スポンサーリンク




またアメトーークが扱うテーマは凄くたくさんあります。

negi


メガネ芸人やモノマネ芸人等、比較的オーソドックスなテーマから、「エヴァンゲリオン」「ガンダム」のようなサブカルチャー、果ては野菜の「ネギ」好きを集めたネギ芸人のような一風変わったテーマまで、ありとあらゆるテーマが取り上げられていて、それが番組の魅力になっています。

特にネット等で話題になりやすいのはサブカルチャーを扱う回ですね。

ガンダムやジョジョの奇妙な冒険のようなコアなファンの多い作品は、放送後にTwitterやブログ、掲示板などでさまざまなアツイ意見が交わされています。

私個人ではガンダム回が凄く好きですね。

めちゃくちゃマニアックで面白いというもありますけど、『宮迫さんとゲストの人がガンダムのフィギュアで遊ぶ中、溶け込めない蛍原さんがスタッフとお客さんを皆帰らせてしまうという』お約束的な流れがあるのがツボですね(笑)



最近では「ストリートファイターII」「ドラゴンクエスト」といったゲーム作品も取り上げられていて、アメトーークの懐の広さを改めて視聴者に知らしめています。

人気番組であるアメトーークはDVDやBlu-ray化もされており、それらの売り上げも絶好調です。

最近では特典として取り上げられたテーマをモチーフにした専用ジャケットが付属するのが恒例で、それら目当てでレンタルではなくセル版を購入する人も多いようですよ。

あー、自分で書いて思うのも変なのですが、アメトーク見たくなってきますね(笑)

今回は「アメトーーク」の人気の秘密に迫ってみました!



スポンサーリンク


最後まで記事を読んで頂きありがとうございました!この記事があなたの役に立ったのであればSNSで広めてくださると嬉しいです。

Facebookでシェア Twitterでシェア はてなブックマーク feedlyでフォロー LINEで送る Google+でシェア

当サイトでは他にも面白い記事をたくさん用意してますので、暇つぶしにでも徘徊してみてくださいね!

  • お問い合わせ